アルバトロスな日々〜♪【広島ダンス 安佐南区&牛田】

安佐南区民文化センターと牛田公民館で活動しているダンスのサークルです☆ジャズダンス&ヒップホップ&バレエ☆

Entries

体を使うということ

23日のHipHopでテーピングしないで
一生懸命踊ったので、久々に
右半身が捨ててしまいたい程痛みました

私は右足首の靭帯を伸ばしてしまっています。
むか~しの話ですが、、
東京でレッスンを受けていて、着地を失敗して変なひねり方をして
夜すごい腫れたのに真夜中に薬局へ行ってテーピングと湿布を買って
無理矢理あと2日レッスン受けまくって
広島に帰っても病院行く前に
すぐどうしても受講したい先生が来られてたので
やっぱりテーピングで固定しまくってレッスン受けて、、

若いって………頭おかしい

それから病院に行ったら怒られました。。
すぐに正しく治療すればある程度治ったのに、、
もうここまで伸びたら一生戻らないよと。。
とりあえずギブスかと思われるようなテーピングで
1週間固定されて、
足がフレックスから動かない状態にされました。
仕方ないので、そのままレッスンしたのを覚えています。
(先生、、絶対私が踊ると思ったんですね~。。)

それからこの右足首とずっと付き合ってます。
でも、思えばこの足首がなかったら、
もっと大きな怪我と遭遇していたかもしれないとも思います。

この怪我をする前にはテーピングに憧れたりしてました
「なんかダンサーって感じ」がして
罰当たりな事ですね~。。
でも、テーピングが必要になってから
「そんなこと思って神様ごめんなさい。。
って思ったけど、、神様にはこれを持って生きていきなさい。
って言われたみたいです。

ダンスという職業はオーバーワークを免れないんですよね。
ピークの時はアルバトロスで幼児、小学生2本終わってから
他であとバレエ、ジャズと更に2本とかやってた事もあります。
そんな生活が健康的な運動量であるわけがない

広島で本当にお世話になっている方に出会わせて頂いた
前田清美先生という先生がいらっしゃるんですけど、
もうすごい有名なミュージカルとかいっぱい振付けてたり
ご自身もやりたい事をやりたいように踊ってらっしゃる
私は大好きな先生なんです。

何故か割とご縁があって、普段は忙しくて代講ばかりなのに、
私が東京に行くとその日はたまたまいつも先生がレッスンされてて、
広島で出会った子だから気に掛けて下さり、
レッスン後にお話させて頂けたりもして、
「もっと早くバレエをきちんと知ればよかったと思う。
 バレエの基礎は大切だよ」
と言われました。
先生は腰が大変みたいでした。

私はバレエがスタートだったので、実はジャズに慣れるのが大変でした。
姿勢が良過ぎて格好良く出来ない。。きれいって言われると凹んでました。
いくら、基礎があっていいねとか言われても
ジャズスタートの人の方が数段早く格好良くダンスしてる。。と思ってたので、
忘れられない言葉となりました。

そして、私はその事があるから
小学生クラスにバーレッスンを入れたレッスンにしています。
私はバレエから習わせてもらったので、たぶん少し
急にジャズから入った人よりは体の負担がましなんだと思ったからです。
無意識の部分で怪我の予防になる筋肉があったのかも。
でもさすがに木曜小学生ではバー入れてくるとジャズの事が出来なくなるから
バレエクラスを作りました。
バレエ以外の踊りを踊るためのバレエ。
自分の体の強化や痛めないことに役立ってると思われる事を
メインに組み立てています。

私が大学から5年位習ってたバレエの先生と、
のべ10年位ずっと教えて頂いたコンテンポラリーの先生から
人間としての正しい位置。という概念を無視しない動きを
教えてもらったことが元になっています。
3年前位に
その2人の先生がNYで師事している先生が同じ方だということを
知りました。びっくりでしたが、納得。

みんなが踊り続けても故障のないダンス人生でありますように!

若い肉体に甘えるな!ポチッ!
 ↓
関連記事

Comment

奥深いですね 

やっぱりすべての出来事には意味があるんですね。先生がけがをしたことも、先生が出会われた方たちも、すべて

そのおかげで子ども達は、ちゃんと意味のある(ただ踊るだけではない)レッスンを受けさせて貰えるんですね。

先生のそういう考えがわかると、親としても先生に子どもを預けることに安心できます。
ちゃんと考えがあってのレッスン内容ですもの
私みたいな素人ではわからない部分です。体をただ動かすのではなく、動かし方。

でも先生…あんまり無理しないでくださいね~
  • posted by あきらん 
  • URL 
  • 2010.09/26 04:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

だといいな~ 

怪我にも意味があったんですかね~v-217
だといいですが~

バレエクラスを作ったきっかけとなった先生は
実はもうひとりいらっしゃって、、
川野眞子先生という、これまた日本を代表するようなコンテの先生で、
この先生にはとてもかわいがって頂いたので、
結構影響受けています。

コンテンポラリー特有の「自由に思いのままに動くのが面白い」
という先生なのに、
一緒にお食事させて頂いた時にはレッスンの時と違って
「子供は、子供であるからこそ厳しく基礎をたたきこむべきだと思う。
 私はそうしてる」
と言われました。そう言いながら
「子供達が舞台に出て行く後ろ姿をみたら泣けた」
と言う感じでv-10なんともステキな先生なんです。

でも本当に厳しい考えをお持ちの一面もあり、
その先生の影響もとっても大きいです。
色んな先生との出会いがみんなにいい影響になってるといいな~と思いますv-238
  • posted by 私 
  • URL 
  • 2010.09/26 11:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

右サイドメニュー

プロフィール

Author:DanceAlbatross
アルバトロス&クリオネという2つのダンスサークルを広島安佐南区民文化センターと牛田公民館でやってます。
みんなで元気に活動中☆彡(ジャズダンス★バレエ★HipHop★創作ダンスなど)

いらっしゃいませ♪

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ