05
1
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

WSで思ったこと(長文だけど読んでみてね)

先週末、
3日間キム先生のWSのアシスタントとして
お手伝いをさせて頂きました(///ω///)

今回のWS3日間では

小学校授業→全員知り合い同士(ホーム)
小学生有志WS→ホームとAWAYが混ざった状態
一般WS→AWAYの人(県外とか)が多い

という縮図が私の心にひびきました。
ホームってみんなのびのび!自分でいられますよね。
クラスで授業を受けた小学生。
実に楽し気でどんどん動いていました。

大変なのは、知っている人と知らない人がいる状態。
下手に知り合いがいるから完全に腹もくくれず、
知らない人にも知ってる人にもどう思われるか気になって
どんどん自分が踏み出せなくなる。
ああ苦しい。。

今回小学生有志WSがそういうパターンでした。
半数うちの子達でしたので、感じたことを書いてみます。
対象年齢小3~6という年齢的なものもあるかもですが
この状態、大人でも普通にあります(だって私よくそんな目に遭う)
ましてや、WSを受講する!
と自分で決めて申し込んだ子達ですから気持ちはあったはず。

2団体が4人ずつ位いるような少人数少グループの参加でした。
人数少ないのに
保護者見学者が多かったし、
自分がどう思われるか気になって仕方ない。
みんながやらないのに
やる自分も恥ずかしい。
みんながやらないからといって
やらない自分も恥ずかしい。
 
でもここで、
みんながやらなくても自分はやろう!!
と踏み出せる力。
自分はどうなのか、どう思うのか、
どうするのが最善を尽くしている形なのか
大切なのはここ!!
今回のような
与えられるんじゃなくて
自分から発信することを課題とするWSは
それをやりに来ているようなもんだと思うんです。

だから…私、結果としていいWSだったな~と思いました。
出来ないはずのない内容をやらなかった自分に
挫折感や出来なかった感がすごくあったと思います。
こんな挫折感、なかなか味わえません。

キム先生が子供達を2度も集めて繰り返し言ってくださった言葉。
「自分が踏み出さないと何も前に進まないよ。
 人は関係ない。自分がやるかやらないか。わかった?」
少し厳しめな口調で。

私だったら2時間関わるだけの初対面の子達に
こんなこと言ってあげられるかなぁ。
嫌われるかもじゃん普通。
いや、自分がやるかやらないかですよね。
1回でも出会う子供達の心に何か残す指導しないと!

今は苦かったはずのこの経験。。。
キム先生の言葉。
何年、何十年後に、最初の1歩を踏み出す度に
思い起こされる経験のひとつになるといいなと思います。

後半のワークで
誰かが動いたら真似をする
誰かが止まったら止まる。
という内容の時、誰も動き始めない時の最初の一歩を踏み出すこと。
自分が止まることでみんなを止めよう。
と行動してみるいうことを
一度もやらなかった子がひとりもいなかった。
(少なくともうちの子は。。)
葛藤しながらもそれなりにみんながんばって、
帰ってしっかり挫折感を味わって(たぶん)。
貴重な経験だったな~~~と思います。

一般は、、表現活動を自らやられてる方が多かったせいか、
精神的に自立している方達ばかりですごかった(≧◯≦)
そのくせすごいコミュニケーション能力。
知ってる人より知らない人と話してる感じ。
これはこれで大変勉強になりました\(^▽^)/

時にはAWAYに身を置いてがんばる!
結果はともかくがんばった自分をほめる!これが大事!!
 ↓
関連記事
Secret

プロフィール

DanceAlbatross

Author:DanceAlbatross
アルバトロス&クリオネという2つのダンスサークルを広島安佐南区民文化センターと牛田公民館でやってます。
みんなで元気に活動中☆彡(ジャズダンス★バレエ★HipHop★創作ダンスなど)

いらっしゃいませ♪

現在の閲覧者数:

アクセスカウンター

リンク

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ